オフィスカジュアルにピンクあり?|おしゃれでかわいいピンクコーデ

オフィスカジュアルのピンクコーデをご紹介します。ワンポイントでスカート、ジャケットに取り入れてみるのがおすすめです。

「ピンク、プライベートでは着るけどオフィスカジュアルではどうだろう・・・?」

「ピンク着たいけど、オフィスカジュアルでの使い方がわからない・・・」

そんな方のために、女子のための「オフィスカジュアル」のピンクコーデを画像付きでご紹介いたします。

一歩間違えると「痛い女」になりかねないので、そうならないためにもぜひ参考にしてください。




オフィスカジュアルで使える!ピンクスカートコーデの着こなし方

オフィスカジュアルといえば、「黒・白・ネイビー・グレー・ベージュ」がベーシックで結局使いやすいですよね。

フォーマルでビジネス向きなのは上記のお色ですが、アイテムやデザインを変えていても週5日の通勤で毎日この色じゃ飽きますしマンネリは避けられません。

そこで今日は、オフィスカジュアルなピンクの上手な取り入れ方をご紹介していきます。

冒頭でもお話したとおり、かわいくて素敵なカラーであるピンクですが一歩間違えると大変痛い結果になります。

ピンクを取り入れるうえで気をつけるべき点としては、

  • 色味(ピンクのトーン)
  • 取り入れるアイテム
  • 取り入れるアイテムの形・デザイン

この3点を間違えなければマンネリからの脱却と、おしゃれで女性らしい印象を手にすることができます。

まずはボトムス・スカートでの取り入れ方をご紹介いたします。

「THE・ピンク」だと、オフィスカジュアルに取り入れることが難しいかと思います。

ピンクデビューしやすいのは、淡いピンク、くすんだピンクです。

画像のスカートくらい控えめなピンクであれば、オフィスでも浮きにくく大人かわいいスタイルをつくれます。

春や初夏の季節であれば、画像くらい明るい色味のスカートもアリです。

スカートが明るい分、トップスや靴の色味を落ち着いたものにすると「プライベート感」を抑えられます。

出典:WEAR

ボトムス・スカートでピンクを取り入れる場合、丈感に気をつけましょう

ベーシックな色味(黒・ネイビーなど)であれば、膝丈でも問題ないですがピンクとなると膝丈だと「プライベート感」・「デート感」が強く出てしまいます。

スカートで取り入れるのであれば、ミモレ丈(ふくらはぎ真ん中あたりの丈)もしくはマキシ丈(足首・くるぶし丈)が望ましいです。

オフィスカジュアルで使える!ピンクのジャケットコーデの着こなし方

お次はアウター・ジャケットでのピンクの取り入れ方をご紹介いたします。

海外ドラマなどをみると、働く女性がショッキングピンクのジャケットなどを着用しているのを見たりします。

ですが、日本ではまだまだそこまでのオフィスカジュアルが認められていない、容認されにくいのかなとと思います。

オフィスカジュアルとして普段使いのピンクいつもより気合いを入れたい時のピンクをご紹介いたします。

出典:WEAR

会社に着けば、ジャケットは脱いで勤務されることが多いと思います。

ジャケットでピンクを取り入れる際は、断然「くすみピンク」がおすすめです。

くすみカラーが流行しているということもありますが、淡いピンクとは違ったおしゃれな大人っぽさが出ます。

画像のようにセンタープレス(ボトムスの真ん中に折り目が入っているもの)が入っているパンツを選ぶことで「キチンと感」も出るのでおすすめです。

出典:WEAR

長めのジャケットの場合は、全体のバランスに気をつけます。

パンツは細身が◎可能であればスキニーパンツだとよりバランス良くまとまります。

しっくりこない時は、腕をまくって手首を見せるとスッキリ見えます。

出典:WEAR

チェック柄にピンクの入ったジャケットであれば、さらに使いやすいのではないのでしょうか?

インナーやボトムスを黒でまとめることで、やりすぎ感も抑えられ知的な印象になります。

出典:WEAR

デニムOKな企業であれば、よりピンクを取り入れやすいです。

ピンクが女性らしい印象になるため、デニムでメンズライクさをプラスすることができジャケットでもピンクを使いやすいです。

オフィスカジュアルで使う!ピンクのセットアップ

ここからは番外編です。

「やっぱりピンクの合わせ方が難しい・・・」

「なんとなくバランスが悪い気がする・・・」

そんな方のためにオススメなのがセットアップです。こちらも画像付きでご紹介いたします。

出典:WEAR

ジャケットって長さがある分、全体のバランスの取り方が難しいんですよね。

なんだかバランスが悪いな、しっくりこないなって時はパンツ・スカート問わずセットアップがオススメです。

上下セットとして販売されているので、バランスが完成されています。

画像のように色味を抑えたものであれば、上下ピンクでも下品になりません。

出典:WEAR

流行はビッグシルエットですが、オフィスカジュアルとして着るのであればジャケットの丈は短めでパンツの丈も短め(アンクル丈・くるぶし丈)がオススメです。

画像のようにノーカラージャケット(襟がないタイプ)であれば、かっちりしすぎず良い意味で気の抜けた印象になります。


【2019春夏New Item】【Sサイズ〜2XLサイズ】【ダブルジャケット&パンツ】2Pセットアップ アフター ジャケット ボトムス パンツ 9分丈 スーツ 入園式 卒業式 ピンク S/M/L/XL/2XL

出典:WEAR

記事も色味も同じものを選べば、統一感が出ますし失敗がありません。

くすみカラーのピンクであれば全身ピンクでも、「女性らしさ・上品さ」が残り使いやすいです。

プライベートであれば、上下別々に使えますし便利です。


サマーニット セットアップ ニットアップ レディース 半袖 プリーツ 夏春 スカート トップス ミモレ丈 おしゃれ 上下セット ブラック ピンク

出典:WEAR

ベージュピンクのような、ベージュ感強めのものを選ぶのも手です。

白のインナー(ブラウスやシャツ)を選ぶとパッと明るく、「清潔感」溢れるスタイルになります。

さいごに

今回画像多めでご紹介させていただきましたが、参考にしていただけましたでしょうか?

色々参考を探していくと、思ったよりもかわいいコーディネートやアイテムが多かったので、私自身も取り入れていこうと思います。

個人的オススメは、ベージュピンクやくすみカラーのコーディネートです。

流行でもありますし、肌馴染みもよく使えそうです。

最近はプチプラでもセットアップが販売されていますので、ぜひプチプラからピンクに挑戦していただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク