パワーポイントでyoutube、mp4動画埋め込み方法

こんにちは。あいりです。

パワーポイントでyoutube、mp4動画を挿入して再生したいけれども、やり方が分からない。

そんな方に動画挿入方法には2パターンありますので、以下の2つをご紹介したいと思います。

お気に入りのYoutube動画をパワーポイントで再生したいときに

・youtube動画を埋め込みする方法

自分が作成した動画をパワーポイントで再生したいときに

・mp4動画を埋め込みする方法

パワーポイントでマニュアルを作成したので、スライドショーを動画にしたい方もいらっしゃると思いますので、あわせてパワーポイントを動画変換する方法をご紹介します。

2010/2013版パワーポイントでYoutube動画を埋め込みする方法

Youtube動画を埋め込みする方法をご紹介します。

事前準備:

1.youtubeのWEBページでパワーポイントに挿入したい動画を開く

2.動画の下部にある「共有」を選択し、URLをコピーする

操作方法:

1.挿入タブにある「ビデオ」を選択

2.「オンラインビデオ…」を選択

3.Youtubeにある検索欄に共有のURLを張り付ける

4.該当するYoutubeが表示されるので、Youtube動画を選択して「挿入」を押下

スライドに動画が挿入されました。

2013版パワーポイントでmp4動画を埋め込みする方法

mp4動画の埋め込み方法についてご紹介します。

操作方法:

1.挿入タブにある「ビデオ」を選択

2.「このコンピュータ上のビデオ」を選択

3.ダイアログが表示され、PC上に格納されている動画を選択する

4.「挿入」を押下

スライドに動画が挿入されました。

パワーポイントで挿入できる動画形式に制限があり、以下の形式は可能です。

・.wmv(Windows Mediaビデオファイル)

・.asf、.avi(windowsビデオファイル)

・.mp4、.m4v、.mov(mp4ビデオファイル)

.mpg 、 .mpeg (ムービーファイル)

.swf (Adobeflash メディア)

※.mp4はパワーポイント2013版以降に挿入できます。




パワーポイントで動画埋め込みができない場合、形式変換する

パワーポイントで動画の埋め込みができない場合があります。そのときは形式を変換してもう一度挿入してみましょう。

操作方法:

1.Googleで「CloudConvert.com 」と検索し、クリックする

※CloudConvert.com はファイル形式変換してくれるサイトになります

2.「Select Files」にある下矢印をクリックし、「select from my computer」を選択する

3.ダイアログが表示され、PC上にある動画を選択する

4.下矢印をクリックすると、形式を選択できるので、推奨の形式を選択する

5.「start conversion」のボタンを押下すると変換され、変換が完了したら「Download」ボタンを押下する

6.パワーポイントでmp4動画を埋め込みする方法と同じ方法で動画を挿入する

パワーポイントを動画形式に変換する

パワーポイントを動画形式に変換する方法をご紹介します。

操作方法:

1.ファイルタブにある「エクスポート」を選択

2.エクスポート画面で「ビデオ作成」を選択

3.「ビデオ作成」を選択

4.ファイル形式が「.mp4」形式で保存できる

動画形式に変換することができます

パワーポイントでスライド動画の記録の取り方

パワーポイントでスライドショーの記録を取ることができますので、あわせてご紹介します。

操作方法:

1.「記録されたタイミングとナレーションを使用する」を選択

2.「タイミングとナレーションの記録」を選択し、ダイアログが表示され、「記録開始」を選択する

3.記録モードになりますので、スライドごとにナレーションを入れたり、次に進めていき、終わったら、「…」を選択し、「スライドショーを終了する」を選択する

「記録されたタイミングとナレーションを使用する」を選択し、「タイミングとナレーションのプレビュー」を選択すると、再度、記録状態を確認することができます

最後に

パワーポイントに動画を挿入する方法は意外と簡単だったと思います。

ただ、動画を挿入することで、パワーポイントの容量が大きくなってしまい、パワーポイントを起動するのに時間がかかります。

発表するときはパワーポイントを起動する時間を考慮して動画を再生してください。

パワーポイントの作成を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク