wordpressで表作成から挿入する方法|便利なプラグイン紹介

こんにちは。あいりです。

便利なプラグインを使用してwordpressで表を作成してから挿入する方法をご紹介します。

ワードプレスで記事に表を挿入したいけど、入れ方が分からないと悩んでいませんか。

実は表を挿入は「HTML」や「CSS」のコードを書かないで作成または挿入することができます。

画面上で簡単に作成できます。

ワードプレスで表を作成す上で便利はプラグインをインストールしてから、画面上で作成する方法、表のデザイン(表の枠線、表の背景色)を変更する方法をご紹介します。

ワードプレスで表作成に便利!プラグイン「TinyMCE Advanced」をインストール

ワードプレスの表を作成するには「TinyMCE Advanced」をインストールすることをおすすめします。

ワードプレスのデフォルトの機能でも表作成は可能ですが、少しでも見やすくデザイン性がよいもののほうがいいですよね。

「TinyMCE Advanced」で簡単に見やすい表を作成することができますので、インストールの方法をご紹介します。

1.ワードプレスの「プラグイン」を選択する

2.プラグインの「新規追加」を選択

3.プラグイン検索欄に「TinyMCE Advanced」と入力して検索

4.「TinyMCE Advanced」が表示されますので、「今すぐインストール」を選択

5.プラグインでTinyMCE Advancedを「有効」にする




ワードプレスの表を挿入する方法

ワードプレスの表を挿入する方法をご紹介します。

さきほどインストールした「Tiny Advanced」でリッチな表を挿入することができます。

1.記事の投稿で「ビジュアルエディター」で選択されている状態で「テーブル」を選択

2.「テーブル」にカーソルを当てると、マス目が表示されますので、縦(列)、横(行)を必要な分だけカーソルを移動させる。移動すると色がつく。

色がついた分だけ表の縦列、横の行が作成されます。

3.クリックするとビジュアルエディターに挿入される。

ワードプレスの表を削除する方法

ワードプレスの表を削除する方法をご紹介します。

1.記事の投稿で「ビジュアルエディター」で選択されている状態で「表を削除」を選択

2.表が削除される

ワードプレスの表の枠線を点線、破線、実線にする方法

ワードプレスの表の枠線を太くする方法をご紹介します。

1.表をクリックして選択した状態で「テーブル」を選択し、「表のプロパティ」を選択する

2.表のプロパティのダイアログが表示され、詳細タブにある「Border style」で枠線の種類をプルダウンの中から変更する

枠線の種類:

solid(実線)

dotted(点線)

dashed(破線)

double(二重線)

groove(沈んだ線)

inset(沈んだ辺)

ridge(浮き上がり線)

outset(浮き上がり辺)

hidden(実態としてあるが線が隠れている状態)

※「hidden」を選択すると枠線が見えていない状態になります。

3.変更した線が反映される

ワードプレスの表の色をつける方法

ワードプレスの表の色を付ける方法をご紹介します。

1.表をクリックして選択した状態で「テーブル」を選択し、「表のプロパティ」を選択する

2.表のプロパティのダイアログが表示され、詳細タブにある「背景色」で背景色を選択すると表の背景に選択した背景色が反映される

※ただ、背景色は各行、列だけ異なる背景色することができません。

設定した背景色は表の項目すべてに反映されます。



ワードプレスの表の幅を調整する方法

ワードプレスの表の幅を調整する方法をご紹介します。

1.表をクリックして選択した状態で「テーブル」を選択し、「表のプロパティ」を選択する

2.表のプロパティのダイアログが表示され、一般タブにある「幅」で幅の数値(ピクセルまたはインチ)で入力する

3.入力したサイズで表のサイズが変更される

エクセルまたはパワーポイントで表を作成してから、ワードプレスに挿入する方法

ワードプレスに表を作成する方法としてもう一つ考えられるのは、エクセルまたはパワーポイントで表を作成してから、ワードプレスに挿入することです。

ワードプレスで表は作成できますが、自由にデザインをすることができません。

配色や表の見せ方にこだわりたい方は、エクセルまたはパワーポイントで表を作成し、ワードプレスに挿入する方法をおすすめします。

ただ、デメリットがあります。

表の項目の内容を後から変更したい場合、ワードプレスから直接変更することができません。

エクセルまたはパワーポイントで表の項目を修正し、ワードプレスに表を挿入し直しするので手間がかかります。

エクセルまたはパワーポイントで作成した表をワードプレスに挿入する方法をご紹介します。

1.表を挿入したい箇所にカーソルを当てて、「メディアに追加」を選択

2.「ファイルのアップロード」を選択し、エクセルまたはパワーポイントで作成した表を追加する

3.「メディアライブラリー」に表が追加されるので、挿入したい表を選択し、「投稿に挿入」を選択すると、カーソルを当てた箇所に表が挿入される。

※表のサイズを変更する場合は「画像を編集」を選択する。画像のサイズを入植し、「縮尺変更」を選択する。

最後に

ワードプレスに表を入れることができましたでしょうか。

ワードプレスに表を作成すると聞いた時、「HTML」「CSS」のコードを書かないといけないのかな、、

面倒だなと思いましたが、投稿の画面から簡単に作成することができました。

ブログやHPとしてワードプレスをご利用されている方も、文字だけではなく表を使用することで読者に見やすく分かりやすい内容に仕上がると思います。

スポンサーリンク