オフィスカジュアルでもノースリーブを着たい!|着こなし方法を紹介

夏暑い時期、オフィスカジュアルとしてノースリーブを着て涼しく過ごしたいですよね。

着こなし方、ルールをご紹介します。

「オフィスカジュアルってどこまでいいの?」「マンネリ化して何を着ればいいかわからない、、」

そんな働く女性のために、「オフィスカジュアル」についてご紹介いたします。

普段からオフィスカジュアルな方はもちろんのこと、

転職や就職でオフィスカジュアルを採用している会社で働き出す方へ参考にしていただければ嬉しいです。

夏のオフィスカジュアル、ノースリーブはセーフ?

2019年もとっくに折り返し、8月に入ろうとしています。
夏の「オフィスカジュアル」はどこまで許されるのでしょうか?

勤めている会社や業界によって、もちろんボーダーラインは変わってくるかと思います。

今回は平均的なところをご紹介させていただきます。

最近は「TシャツOK」というところも多いですが、これから本格的な夏に突入し暑いが長く続きます。

ブラウスやシャツももちろんスタメンではありますが、涼しさを求めるなら「ノースリーブ」が最強です。

「腕も肩も出るし・・・」と抵抗がある方も多いとは思いますが「ノースリーブ」を味方につければ夏の通勤も劇的に変わってきます。

オフィスカジュアルでノースリーブデビューをされる方のために、使いやすいノースリーブを次でご紹介します。

オフィスカジュアルでノースリーブデビュー!ブラウスを選べば間違い無い!

オフィスカジュアルといえば王道そして万能なブラウス。

ブラウスに関してはマストになってくるので何枚か持ってらっしゃる方も多いのではないのでしょうか?

ただブラウスはこれからの季節で長袖ですと、汗で張り付いた際の不快感や鬱陶しさも少なからず感じてしまいます。

そこで取りれていただきたいのが「ノースリーブブラウス」です。

ノースリーブでも、形や色味に気をつければオフィスでも通用するアイテムになります。




まずはお色味!!

やはりマストなのはホワイトですね。

清潔感代表のホワイトですし、ボトムの色も選ばないため手持ちのアイテムに合わせやすくノースリーブデビューには持ってこいです。

出典:楽天市場

ホワイトの次はブラックやネイビーです。

長袖で濃い色味を持ってくると夏には重たく暑苦しい印象ですが、ノースリーブだからこそバランスが取りやすいです。

色味が暗い分、ノースリーブで露出があっても変にいやらしく見えず上品さがでます。

出典:楽天市場

次に大切なのが形やシルエットです。

ノースリーブで腕が出ている分、首周りや肩周りのデザインに気をつけておかないと社内で冷ややかな視線を感じかねません。

繰り返しお伝えしている通り、腕がすべて露出しているため、首回りに関しては若干詰まり気味もしくはノーマルなタイプがオススメですし着やすいです。

ここでVネックデザインを持ってくると、カジュアル過ぎたり露出度が高過ぎてしまう原因になります。

そして次に肩周りです。

ここでも同じく肩周りが丸々出てしまうと、一気にオフィス向きではなくなってしまいます。肩回りが気持ち長めのデザインを選ぶことで、ノースリーブデビューでも抵抗感が和らぐのではないでしょうか。

ノースリーブシャツでオフィスカジュアル!クールな印象に!

出典:oggi

「ブラウスだと甘すぎる・・・」「まわりとちょっと差をつけたい!」

そんな方にはノースリーブシャツがオススメです。

ブラウスに比べてキチンと感が増し、知的な印象が出ます。

また、私と同じアラサーや年齢を重ねた方こそノースリーブシャツを取り入れていただきたいです。

もちろんフレッシュな20代前半の方にもオススメですが、大人女子にこそ着こなしていただきたいアイテムになります。

出典:楽天市場

オススメはやはりホワイトシャツです。

形はベーシックなものも良いですが、気持ち襟が大きくしっかりしたタイプを選ぶことでモードっぽい印象になります。

ヘアースタイルはぴったりめにまとめる、またはシンプルなストレートにするとバランスも取りやすくオシャレ度が増します。

もちろんふわっと髪を巻いてゆるめにまとめるのも女性らしさが出て可愛いです。

ボトムスでパンツであればクールに、スカートはAラインの広がりタイプでもIラインの細めタイプでも合わせやすいです。

チノパンなどで合わせるとよりカジュアルダウンできて可愛います。

黒縁の眼鏡を合わせて、とことん雰囲気あわせるのも楽しいですよね。

ノースリーブシャツはノースリーブブラウスに比べて肩がでていても清潔感を保てます。

いやらしくならずヘルシーな印象で着れるので、そういう面でも大人女子にこそ着こなしていただきたいアイテムです。

最後に

「ノースリーブブラウス」と「ノースリーブシャツ」のふたつのアイテムを紹介してきました。

やはり抵抗があったり恥ずかしさを感じる方もいらっしゃると思います。

そんな方はカーディガンを活用しましょう!!

薄手のものを軽く羽織るだけで抵抗感も和らぎます。

「外は暑いけどオフィス内は冷房がきつい」といった場合にも使えますし、外でも日焼け防止として使えます。

また、薄手なのでバッグにも入れやすく持ち運びもしやすいです。

ブラウスやシャツとも相性がいいので、ぜひあわせて持っておきたいアイテムです。

スポンサーリンク