初心者必見|オペラ 鑑賞におすすめな女性・男性の服装10選

オペラ鑑賞する際はドレスコードとマナーを守りましょう。初心者の方は必読です。女性・男性別に最適な服装をご紹介します。

初めてオペラを鑑賞する機会が出てきた。

どんな服装していけばいいか分からない。

そんな方にオペラ鑑賞の服装、マナーをご紹介します。




オペラ鑑賞はドレスコードなし!カジュアルでOK!

オペラ鑑賞の服装はフォーマルな服ではないとダメなのかと思いますよね。

実はカジュアルでも構いません!

ですが、せっかくオペラ鑑賞に行くのだから、普段と違うキレイめな服装をしていくといいです。

例えると、結婚式の2次会に近い服装です!

カジュアルでもいいじゃないか!!と思う方もいらっしゃると思いますが、オペラ鑑賞の席によってはキレイめな服装をしないといけないです。

S席はキレイめな服装で

S席です。S席で鑑賞される方はキレイめな服装は絶対です。

S席はオペラ鑑賞に一番近い席です。オペラ鑑賞が好きな人はS席に座ります。カジュアルだと浮いてしまいますので、気を付けましょう。

新国立劇場の座席表

オペラ鑑賞に最適!女性の服装5選

オペラ鑑賞に最適な女性の服装をご紹介します。

さきほど、結婚式の2次会の服装といいましたが、そこでプラスアルファお伝えしたいことがあります。

オペラは座って鑑賞するので、座ってもストレスが感じない、締め付けが少ない服装がよいです。

空調が寒い場合もございますので、羽織れるものがあるとよいです。


早速ご紹介します。





オペラ鑑賞に最適!男性の服装5選

オペラ鑑賞に最適な男性の服装をご紹介します。






初心者必見!オペラ鑑賞のマナー

オペラ鑑賞のマナーについて以下の観点でご紹介します。

音をたてないこと

オペラの舞台が始まったら、話さず、音は立てないようにしましょう。

オペラの舞台の雰囲気を壊してしまうからです。

もちろん、携帯電話は電源オフです。開始時間前には、電源を切りましょう。

遅刻はしてはいけません。扉を開けたり、歩いたりするのに音が出てしまうからです。

時間に余裕を持って行動しましょう。

撮影は禁止

電源をオフにしているので、撮影できないとは思いますが、オペラは基本撮影禁止です。

オペラを鑑賞する前はご飯を食べない

オペラをせっかく鑑賞するので、盛り上がっているところで眠くなってしまうことがないように、お腹いっぱいにしないようにしましょう。

ただ、お腹がなってしまうのは、よくないので、軽く休憩時間や鑑賞する前に軽食をとるといいでしょう。


ぐーぴたはよく食べています。一袋食べるだけでも、お腹がならなくなりました。

おすすめなので、オペラ鑑賞のお供にどうぞ。

オペラの2階席、遠めの席にはオペラグラスの鑑賞がおすすめ!

遠くで見ていると実際に歌ってる歌手や舞台の様子がよく見えないのはもったいないですよね。

オペラの鑑賞席が遠い方には、オペラグラスで鑑賞することをおすすめします。

私がおすすめするのはペンタックスの双眼鏡です。

少し薄暗いところでも明るく見えるフルコーティング機能があり、オペラ以外でも、コンサートやバードウォッチングなど幅広いところで利用できます。

30メートル先でも近くで見ているような感覚で見れます。


最後に

オペラ鑑賞の服装を男性、女性別にご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

オペラの舞台において、スタッフ、歌手、コーラスの方々含めて、公演日のために必死に努力されているので、鑑賞するほうは敬意を表しましょう。

スポンサーリンク