pdfに変換できない|パワーポイントを容量を減らす方法

パワーポイントをPDFに変換できない場合の原因としてパワーポイントの容量が大きいことがあげられます。

パワーポイントの資料をpdfにしてサイトに載せたり、pdfに変換する機会が多いと思います。

パワーポイントからpdfに変換する方法はとても簡単です。

パワーポイントで「名前をつけて保存」する際に保存形式をpdfに変更するだけで、pdfに変換することができます。

ただ、パワーポイントからpdfに変換できない事象が発生することがあります。

pdfに変換できない事象の主な原因があります。

原因に対しての解決策をいくつかご紹介したいと思います。

みなさんもぜひお試しください。

パワーポイントをpdfに変換できない状況

パワーポイントをpdfに変換できない状況があります。

パワーポイントの容量が多き過ぎるとPDFに変換できません。

パワーポイントの容量を減らす必要があります。

容量が大きくなる原因

1.画素数が多い画像を挿入している

(画像ファイル形式がpng形式の場合、jpg形式より画素数が多く、容量が大きいです。)

2.動画を挿入している

3.ページ数が多い資料

4.不要なものが残っている

(テーマのレイアウト、図形、テキスト等)

5.Excelのグラフをそのまま貼り付ける

pdfの容量を減らす(オンラインツール small pdfを使用)

small pdfというオンラインでpdfの圧縮ができる便利なツールを使用します。

圧縮したいPDFをドラック&ドロップするだけで圧縮することができます。

132KB→71.4KBまで圧縮することができました。

画像の劣化もほとんど見られません。

操作がとても簡単なのでおすすめです。

余談ではありますが、small PDFでは、色んなパターンでもPDFの変換が可能ですので、試してみてください。

pdfの容量を減らす(Adobe Acrobat)

Adobe Acrobatを使用した場合、PDFの容量を減らす方法をご紹介します。

PDFをAdobe Acrobatで開きます。

ファイルタブを選択し、「その他の形式で保存」→「最適化されたPDF」を選択します。

PDFの最適化のダイアログが表示されます。

画像設定である数値の解像度を超えた場合、解像度を下げる設定ができます。

画像の解像度が高いほど、容量が大きくなるため、加減をみて調整してください。

パワーポイントの容量を減らす方法

パワーポイントの容量を減らす方法をご紹介します。

パワーポイントに挿入されている画像の容量を落としていくことで、パワーポイント全体の容量を削減することができます。

画像を選択すると、図ツールの書式タブが表示されます。

「図の圧縮」を選択します。

画像の圧縮ダイアログが表示されます。

解像度の選択から、解像度(ppi)を下げることにより、画像の容量を減らすことができます。

今回は印刷用(96 ppi)を選択し、容量を下げることにしました。

実行した結果、

399 KB→290 KBに減らすことができました。

最後に

パワーポイントからpdfに変換したとき、pdfの容量を減らすアプローチは大きく2つあります。

・パワーポイント自体の容量を減らす

・pdfに変換後で容量を減らす

どちらも有効な方法ですが、容量が大きくなってきたなと思ったら、早い段階から容量を減らすようにしましょう。

色んな方法で試してみてくださいね。

スポンサーリンク