ロンドン・ナショナルギャラリー展2020の見どころ

ロンドン・ナショナルギャラリー展示2020が国立西洋美術館で開催されます。見どころについてご紹介します。

ロンドンにあるナショナルギャラリーに展示されている作品が日本に上陸します。

有名なゴッホの「ひまわり」の作品、フェルメールの「ヷァージナルの前に座る若い女性」、レンブラントの「34歳の自画像」を見ることができます。

なかなかない機会ですので、ぜひ訪れてみてください。

さっそくロンドン・ナショナルギャラリーについてご紹介します。

ロンドン・ナショナルギャラリー展2020 国立西洋美術館の基本情報、アクセス

ロンドン・ナショナルギャラリー展2020の基本情報についてご紹介します。

東京と大阪で開催されます。

<東京>

展示会名 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
開催期間 2020年3月3日(火)〜6月14日(日)
開催時間 9:30〜17:30(金・土曜日は20:00まで)

入館は閉館の30分前まで

開催場所 国立西洋美術館
住所 東京都台東区上野公園7-7
休館日 月曜日(3月30日、5月4日は開館)

アクセス方法についてご紹介します。

駐車場が少なく、混雑するため公共交通機関で行くことをおすすめします。

JR 上野駅下車 公園口改札出て徒歩1分

京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩7分

東京メトロ 銀座線、日比谷線 上野駅 徒歩8分

<大阪>

展示会名 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
開催期間 2020年7月7日(火)〜10月18日(日)
開催時間 9:30〜17:30(金・土曜日は20:00まで)

入館は閉館の30分前まで

開催場所 国立国際美術館
住所 大阪市北区中之島4-2-55
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日が休館)

ロンドン・ナショナルギャラリー展2020の見どころ

ロンドン・ナショナルギャラリー展2020のみどころについてご紹介します。

イギリスのロンドンにナショナルギャラリーがございます。

1824年に設立されました。現在は2300点以上のヨーロッパの絵画を展示しています。

特徴的なのは他のヨーロッパの美術館のような王族関連の作品を展示するのではなく、市民向けの美術館であると言えます。

入場料は無料で、一般に開放しています。

来場者数は600万人を超える世界でも人気な美術館です。

ナショナルギャラリーの展示物で、まだ世界に公開していない作品

今回、日本で開催されるロンドン・ナショナルギャラリー展で見ることができます。

フェルメール、レンブラント、ゴッホの傑作を含み、61作品が展示されます。

時代はルネサンスから19世紀の印象派までの作品を公開します。

コンセプトはイギリスとヨーロッパの交流という観点から絵画を見ていきます。

最後に

ロンドンナショナルギャラリー展についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。

現地で行かないと見ることができない作品を見ることができます。