銀座メゾンエルメス フォーラム イズマイル・バリー展行ってきた

銀座 メゾン エルメス  アート・ギャラリー フォーラムで10月18日から開催しているイズマイル・バリー展行ってきました。見どころ、アクセス方法についてご紹介します。

銀座で無料でアートに触れることができるイズマイル・バリー展が開催されます。

銀座のエルメス店にお買い物される方、銀座で買い物、観光されている方はぜひ訪れてみてください。

イズマイル・バリー展の見どころ

イズマイル・バリー展では視覚的なものを光と影で表現し、外側、内側で見ることによって、見え方の不安定さを表現しています。

また、身の回りの事象を細やかに注意を向けて表現し、作品として作り上げています。

とても奥が深い展示内容となっています。

イズマイル・バリーとは、パリとチュニジアを拠点に活動し、写真や映像の視覚実験や私たち普段当たり前のように行っていることで生み出される現象や痕跡の知覚、はかなさを問いかけています。

今回のイズマイル・バリー展では作品にタイトルがついていません。

作品を見てどういうことをイメージしているのか、見ている人にイメージしてもらいたいという願いがこめられています。

また、日本の台風被害の受けてインスピレーションが湧いた作品も展示されています。

展示する直前まで作品を制作し続けていることがうかがえます。

実際に行ってみると、係員さんが何人かおり、作品について丁寧に解説してくれます。

上の画像は外側からみた展示物です。

内側から見た展示物はもう1つ上画像です。内側と外側で見えが違いますね。

内側は照明が暗く、光があるところしか見ることができません。

同じ作品を視覚が遮っている状態で見た場合、外側で照明が当たっている状態(視覚が遮っていない)場合で見たときにどう感じるでしょうか?

知覚を刺激してくれるような展示です。

無料でイズマイル・バリー展を見ることができますので、ぜひ一度訪れてみてください。




銀座 メゾンエルメス フォーラムの基本情報

銀座メゾンエルメズ フォーラムの基本情報についてご紹介します。

入場料が無料なので、銀座でお買い物がてらに立ち寄りするのもありです。

展示名 みえないかかわり イズマイル・バリー展
開催期間 2019年10月18日(金)〜2020年1月13日(月・祝)
開催時間 11:00〜20:00(入場は19:30まで)

日曜日は11:00〜19:00まで 入場は18:30まで

12月の一部の期間は11:00〜16:30(入場は16:00)

休館日 不定休(年末年始はエルメス銀座店の営業時間に準する)
入場料 無料
住所 東京都中央区銀座5-4-1

銀座メゾンエルメス 8階 「アート・ギャラリー」フォーラム

電話番号 03-3569-3300

みえないかかわり イズマイル・バリー展はエルメス財団が主催しています。

芸術家を支援する団体で、2008年にフランスのパリで非営利活動法人として開設されています。

実際に彼らの活動の様子を以下の2つの施設で見ることができます。

・銀座メゾンエルメス 8階 「アート・ギャラリー」フォーラム

・銀座メゾンエルメス 10階 「ル・スティディオ」 シネマスタジオ

銀座 メゾン エルメス フォーラムのアクセス

銀座メゾンエルメズ フォーラムのアクセスについてご紹介します。

晴海通り沿いに銀座メゾンエルメスの建物がございます。

上の画像が正面入口でここから入ります。

正面入口に入るとスカーフ販売をしているエリアがございますが、そのまま直していくとエレベーターがございます。

エレベーターで8階まで上がっていくと銀座 メゾン エルメス 「アート・ギャラリー」フォーラムにたどり着くことができます。

電車でのアクセス

JR 有楽町駅 晴海通りを直進すると右手に見えます。向かい側に東急プラザビルが見えます。

地下鉄 銀座駅 B7出口出てすぐ 徒歩2分

バスのアクセス

・数寄屋橋で下車 晴海通りを直進すると右手に見えます。

・銀座4丁目で下車 晴海通りを直進すると左手に見えます。




最後に

イズマイル・バリー展についてご紹介しました。

銀座メゾンエルメスの正面入り口から入りづらかったですが、入ってみると銀座メゾンエルメス「アート・ギャラリー」フォーラムに行く人がいたので、意外と安心していくことができました。

普段見えているようで見えていないものをどう知覚させるかについてフォーカスにおいた展示物ばかりでした。

展示内容を理解するのが難しかったです。

ですが、改めて新しい視点で物事を見ることができたと思います。

銀座に立ち寄った際に訪れてみてください。

スポンサーリンク