オフィスカジュアルでもTシャツが着たい!|男女別のオススメコーデ

オフィスカジュアルでのTシャツのアリナシとレディース、メンズ別のおすすめコーデをいつものように画像付きでご紹介いたします。




夏だけでなく1年を通して便利なアイテム、Tシャツ。

「できることならオフィスカジュアルでも取り入れたい!」

「だけどオフィスカジュアルでの合わせ方が分からない・・・」

できるだけオンオフにも使えるようなTシャツコーデがあるといいですよね。

結論から申し上げますと、

メンズ・レディースともに、「生地は厚め・ロゴや柄なしの無地・王道ホワイト・ジャストサイズ」を選ぶとオフィスシーンでも大きく外さずTシャツを取り入れることができます。

オフでも取り入れることができそうですね。

なぜそうなるのかについては順にご紹介します。




Tシャツ、オフィスカジュアルではあり?ダメ?

そもそもTシャツは「オフィスカジュアル」ではOKなのでしょうか?

「オフィスカジュアル」とは、ざっくり言うとオフィスシーンにふさわしいカジュアルスタイルのことです。

わたしの会社は、業務上取引先の方や来客対応をすることがないためデニムもTシャツもOKです。

ですが、業界や企業方針にもよって異なるかとは思いますが、一般的な企業ですとTシャツ不可であるところが多いようです。

やはりTシャツを着用することでプライベート感が強く出るために、「キチンと感・上品さ」が欠けてしまい「ビジネスにふさわしくない」となってしまいます。

これにより、オフィスカジュアルにTシャツを取り入れる際には、「業界・業務内容・企業方針・社内の雰囲気」に気をつける必要があるようです。




オフィスカジュアルにおすすめのTシャツ生地

オフィスカジュアルでTシャツを着用する場合、ふさわしい「生地・素材」などあるのでしょうか?

今回ポイントになるのは「オフィスカジュアルで使うTシャツ」です。

まずはTシャツでよく使われる生地、「綿」「ポリエステル」についてご説明いたします。

・綿(コットン)

一般的にTシャツに使われる素材。肌触りがよく吸水性に優れている。

・ポリエステル

丈夫で耐久性に優れている。しわになりにくく乾きやすい。

オススメは綿生地のTシャツです。やはり肌触りがよいというところで1日着ていても不快に感じにくいというメリットがあります。

ですが、季節が夏だったり自転車通勤や徒歩通勤で動く時間が長く汗をかく場合はポリエステルが混じっている生地のTシャツもおすすめです。

それぞれの生地の特性を理解して、自分にぴったりなTシャツを選ぶのがベストです。

オフィスカジュアルに使える!メンズTシャツとは?

lambda t-shirt

無地素材でジャケットにあわせてもよし、そのまま着てもよいオフィスカジュアルTシャツをご紹介します。

オフィスカジュアルで使えるTシャツを選ぶ注意点としては、着たいデザインのTシャツを選ぶのではなく、ご自身の体形を把握し、体形に適したジャストサイズのTシャツがよいです。

メンズ 白色無地Tシャツ 筋肉質な方におすすめ!パーソナライズTシャツLAMBDA

体力づくり、魅力的な体格を目指すために鍛えている筋肉質の方は腕周りや肩幅が合わないので、自分に合ったTシャツがない等のお悩みを抱えていませんでしょうか。

Tシャツを着こなしたいけど、ダサく見えてしまう。

どんなTシャツを選んだらいいのか分からない。

そんなお悩みの方に、質問をいくつか答えるだけで自分の体格にぴったりのTシャツを手に入るパーソナライズTシャツLAMBDAをご紹介します。

パーソナライズTシャツLAMBDAは多くのメディアに掲載されるほど、注目が高いです。

lambda t-shirt

パーソナライズTシャツLAMBDAの特徴は3点です。

・自分の体格にあったTシャツが手に入る

・オフィスカジュアル、プライベートどこでも使える

・快適な着心地

筋肉質の方は「首周」「肩幅」「身幅」の3つの部位が大きいため、胸囲に合わせると、丈が長くなるのでダボっと見えてかっこ悪く見える等の悩みを抱えているのではないかと思います。

通常のよくあるTシャツは胸囲とウエスト部分は同じ幅で作られているので、胸囲に合わせると全体的にダボっと見えてしまいます。

パーソナライズTシャツLAMBDAは独自の寸法により、ウエストを通常より絞っています。

ダボっと見えず、すっきりとした印象に見せることができます。

筋肉質な方はもちろんのこと、標準体型の方にもスタイル良くみえるTシャツです。

lambda t-shirt

また、白いTシャツは透けて見えてしまうと懸念してしまうこともあるかと思いますが、パーソナライズTシャツLAMBDAは厚手なので透けません。

通常のTシャツは3から5オンスですが、パーソナライズTシャツLAMBDAは6オンス以上の生地を使用しています。

パーソナライズTシャツLAMBDAは透けて見えないので、オフィスカジュアルにも使えます。

でも、そんな厚手の生地なら夏は暑くて着れないのではと思う方は多いかもしれません。

lambda t-shirt

パーソナライズTシャツLAMBDAはオーガニックコットン100%を使用しております。

コットンは通気性、吸水性がよく、着心地のよい生地になっております。

コットンと比較されて、よくTシャツに使用されるポリエステルは、速乾性があり、しわになりにくいのでスポーツ用のTシャツとして使用されています。

オフィスでもプライベートにも着るTシャツならば、1日着ても不快にならず、着心地が良いコットンがおすすめです。

パーソナライズTシャツLAMBDAの購入方法

パーソナライズTシャツLAMBDAについて気になった方に、購入方法をご紹介します。

1.パーソナライズTシャツ診断を受けます。

2.診断結果からぴったりのTシャツが作成されるので、Tシャツを確認し、問題がなければ購入します。

3.自宅に届きますので、Tシャツを受け取ります。

診断を受けるだけでTシャツのサイズを寸法してくれますので、便利ですね。

ご興味のある方は、パーソナライズTシャツLAMBDAの診断を受けてみてください。

白Tシャツの価格相場について

白Tシャツの価格相場は1000円から1万円超えるものまで値段は幅広いです。

1000円の価格帯は白Tシャツはあくまでも消耗品ととらえ、何度着たり、洗濯したりすると傷んでしまうことから、ワンシーズンで終わりにすることが多いです。

ただ、5000円を超えてくると、数シーズンでも利用できるような高品質な白Tシャツが多いです。

見た目は1000円の白Tシャツと変わらないかもしれませんが、着心地がよく、洗濯しても崩れません。

最初は白Tシャツの価格が少し高くて購入に躊躇してしまうことがあるかもしれませんが、長く快適に着ることができるので、5000円以上の白Tシャツの購入も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ワンポイントロゴTシャツでおしゃれに

白無地Tシャツ以外にも、ワンポイントロゴTシャツはジャケットにあわせてもよし、そのまま着てもよいです。

おすすめはハイブランド、人気ブランドのワンポイントロゴが入っていることです。

白無地Tシャツよりもワンランク上のTシャツに見せることができます。





ワンポイントロゴが入ったTシャツです。




オフィスカジュアル!メンズにおすすめのTシャツコーデ

それでは早速、オフィスカジュアルでのTシャツコーデをご紹介していきます。

出典:WEAR

Tシャツを着る際、ジャケットを羽織れば「キチンと感」を演出できます。

パンツもセンタープレス(真ん中に折り目が入ってるもの)を選ぶと、カジュアル過ぎずバランスが取れます。

出典:WEAR

Tシャツに合わせる上下のアイテムを、「セットアップ」にすると格段に「上品さ」をプラスすることができるのでオススメです。

サイズもピッタリ目・ジャストサイズを選ぶことでカジュアルダウンしすぎません。

出典:WEAR

セットアップでなくても、ジャケットとパンツの色味を落ち着かせることで統一感が出ます。

また、靴も革素材を選ぶことでオフィスカジュアルを保てるのでオススメです。

メンズの場合は、基本白を選ぶ方がいいです。

清潔感も出せますし、色物を使うとさらにカジュアルダウンしてしまい「オフィスカジュアル」から外れてしまう可能性大です。




オフィスカジュアルに使える!レディースTシャツ紹介

オフィスカジュアルにも、プライベートに使えるTシャツをご紹介します。

Tシャツを選ぶポイントは以下です。

・丸首

・首元が少し締まっている

・無地デザイン

・ワンポイントデザインがある


後ろと前で丈の長さが異なります。後ろの丈が少し長いです。

そのままTシャツをインしないでチュニックとして着ることもできますし、インしてスカートやパンツに合わせるとよいです。


カットソー 長袖 レディース メール便b 送料無料 ビックtシャツ ポケット ラウンドヘム オーバーサイズ Tシャツ ロンT

右に胸ポケットがついています。

ファッションにアクセントをつけることができます。


前はシンプルなTシャツ、後ろからはバックタックでおしゃれに見せてくれます。

どのコーデにもあわせやすいです。




オフィスカジュアル!レディースにおすすめのTシャツコーデ

お次はレディースのTシャツコーデをご紹介いたします。

レディースでは、ジャケット着用バージョンを別でご紹介いたしますのでぜひご覧ください。

出典:WEAR

同じTシャツでも、胸のポケットデザインがあるかどうかで印象が変わります。

ポケット付きを選ぶ際は、ボトムスにパンツを選びキレイ目を意識すると◎です。

出典:WEAR

袖が長めのもの、五分袖のものを選ぶとTシャツながら「上品さ」を演出できます。

出典:渋谷Web制作会社 style

また、上の画像のような全体の色味を落ち着かせる(少し黒味かかった色)ことでさらに「上品さ」をプラスでき、オフィスカジュアルとしても全く問題ないです。

出典:WEAR

王道白Tシャツです。

VネックTシャツも女性らしくて素敵ですが、丸首タイプで詰まっていると露出を抑えられます。

オフィスでも着やすいので、オフィスカジュアルでTシャツデビューする方は白Tシャツの丸首を選んでみてください。




オフィスカジュアル!Tシャツにジャケットをあわせたレディースコーデ

ジャケット着用必須という方もいらっしゃるかと思いますので、早速ご紹介していきます。

出典:WEAR

ジャケットを着用する際、ボトムスも同じ色味・素材を選ぶと「デキる女感」を演出できるのでオススメです。

また、画像のように靴も同系色を選ぶことで「上品さ」もあり、とても女性らしいスタイルになります。

出典:WEAR

ジャケットを着用する場合は、全体のサイズ感に気をつける必要があります。

ボトムスに広がりのあるものを選ぶ際には、Tシャツはジャストサイズ、ジャケットもジャストサイズで細身のものを選ぶと全体のバランスが取れるのでオススメです。

さいごに

今回は「Tシャツ」を取り入れたメンズ・レディースそれぞれのオフィスカジュアルをご紹介いたしました。

ぜひ、ご紹介した画像や上記のことを意識してオフィスカジュアルを楽しんでください。