シルバニアファミリー 横浜人形の家 展示 イベント 2019

シルバニアファミリーわくわくフェスタ2019 in横浜人形の家が開催されます。限定イベントも多数ございますので、是非ご参加ください。こどもだけではなく大人もハマるシルバニアファミリーです。

横浜の中華街、みなとみらい付近で遊びに行こうと考えている方に、おすすめのイベントがございます。

山下公園の近くにある横浜人形の家でシルバニアファミリー展が開催されます。

シルバニアファミリーを聞いたことがある方は多いと思います。

私は小さいころ、シルバニアファミリーの人形と家具、お家でよく遊んでいました。

懐かしいです。女の子に大人気なシルバニアファミリーです。

10月12日〜12月8日に開催されますので、ぜひ秋の横浜のお出かけといっしょに訪れてみてはいかがでしょうか。

これからシルバニアファミリーのイベント情報とシルバニアファミリー展をよりいっそう楽しくさせるような情報をご紹介します。

ここでしか味わえないイベント!シルバニアファミリー展

シルバニアファミリー展が開催されます。

シルバニアファミリー展行く前に見ておくとよりいっそう楽しめる情報をご紹介します。

シルバニアファミリー展ではいくつかブースとイベントが開催される予定です。

まずはブースを紹介します。




シルバニアファミリーをアニメとジオラマで楽しめる

シルバニア村の物語をアニメと4mを超える巨大なジオラマで見ることができます。
シルバニア村の物語は自然がいっぱいの山に暮らしているシルバニアファミリーのキャラクターたちのほのぼのした物語です。
シルバニアファミリーはアニメ化、youtubeでも配信されており、シルバニアファミリーの人形を用いています。
シルバニアファミリーを生み出したエポック社がかつて大きなシルバニアファミリーのジオラマを作成したことがありました。
今回はどんなジオラマが見られるのか楽しみですね。

懐かしい家具や珍しい仲間たちが見られる


シルバニアファミリー 人形 ペルシャネコファミリー[kn]

上の画像はペルシャネコファミリーです。日本の店頭ではなかなかお目にかかれないと思います。

シルバニアファミリー展でこういった珍しい仲間たちに出会えるかもしれません。

シルバニアファミリーでかつて遊んだことがある方にとっては、興味がそそられるかもしれません。

自分が遊んでいたときのシルバニアファミリーの家具も見ることができます。

私が遊んでいた時のシルバニアファミリーの家具と今の家具は少し変わってきているなと思いましたので、楽しみです。

50種類以上のドレスコーディネートを紹介

ドレスを50種類以上も着ているシルバニアファミリーをなかなか見る機会はないと思います。

私は昔、自分が持っているウサギちゃんのドレスを良く作っていましたし、購入もしていましたが、ひょっとしたらなかなか手に入らない、自分では作ることが難しいドレスも見ることができるのではないでしょうか。




シルバニアファミリーの仲間たちと記念撮影


☆10月5日エントリー楽天カード利用で店内全品ポイント12倍☆シルバニアファミリー ショコラウサギのお母さん ウ-62【RCP】

上の画像がショコラウサギちゃんです。
ショコラウサギちゃんと記念撮影できます。
2007年に誕生し、「はじめてのシルバニアファミリー」のセットおもちゃについてくる人形です。
耳の先が茶色になっていて、可愛らしいキャラクターです。


【あす楽】 おもちゃ FS-16 シルバニアファミリー ショコラウサギファミリー[CP-SF] 誕生日 プレゼント 子供 女の子 3歳 4歳 5歳 6歳 ギフト お人形 シルバニア

記念撮影時はショコラウサギちゃんだけですが、実はファミリーもいるんです。

ファミリーで揃えれば、遊びの幅がぐっと広がりますね。

横浜をイメージしたドールハウスとシルバニアファミリー!初展示

ドールハウス作家である工藤和代さんのコラボレーション作品(ジオラマ)を見ることができます。
工藤和代さんは以前にもドールハウス風のシルバニアファミリーをてかがけています。
過去にてかがけた作品を見てみると、洋服、小物がドールハウス風なゴージャスな服を着ています。
小物(帽子、アクセサリー)はドールハウス風に手作りで作成されているのでしょうか。
今回のシルバニアファミリー展での目玉になりますので、見に行くことをおすすめします。

横浜人形の家の基本情報

横浜人形の家の基本情報についてご紹介します。

展示名 シルバニアファミリーわくわくフェスタ2019
開催期間 2019年10月12日(土)〜2019年12月8日(日)
開催時間 9:30~17:00(最終入場は30分前まで)
開催場所 横浜人形の家 3F企画展示室

住所:神奈川県横浜市中区山下町18番地

休館日 毎週月曜日、祝日の翌火曜日
チケット料金 大人(高校生以上)800円 小、中学生400円
未就学児は入館、観覧料無料

横浜人形の家のアクセス方法

横浜人形の家のアクセス方法についてご紹介します。

電車でのアクセス

電車でのアクセス方法についてご紹介します。

・みなとみらい線 元町・中華街駅 4番出口 徒歩3分

・JR根岸線 石川町駅 元町口出口 徒歩13分

みなとみらい線 元町・中華街駅に降りたほうがいいですね。

バスのアクセス

横浜駅、山手駅からバスに乗る場合

・市営バス26系統「横浜人形の家前」下車

横浜駅、桜木町からバスに乗る場合

・市営バス8・58系統「山下ふ頭入口」下車




車でのアクセス

首都高「みなとみらい」「横浜公園」出口を利用してください。

出口出てすぐに横浜人形の家がございます。

横浜人形の家の駐車場がおすすめ

車でお越しになる場合、駐車場を探すことになりますが、横浜人形の家の駐車場以外の近隣の駐車場は高めです。

横浜人形の家の駐車場に停めたほうがいいと思います。

料金は最初の1時間500円、以降30分ごとにつき250円で課金されていきます。

終日料金はございません。

シルバニアファミリーとは

シルバニアファミリーとはエポック社が生み出したドールハウス風の人形です。

森の中にいる動物たちをイメージしています。

動物キャラクターたちの人形、人形が着る洋服、小物、家、家具が販売されています。

ちなみにシルバニアファミリーの動物たちには名前がついていません。

所有者に名前をつけてほしいという由来があるからです。

こどもたちは、シルバニアファミリーで遊ぶことによって、以下のような成長の手助けをしているとうたっています。

出典:シルバニアファミリー公式ホームページ

確かに私は親に買ってもらってからは、シルバニアファミリーの人形の着せ替え服を作ったり、家具の配置にこだわってみたり、家具を作ったりして遊んでいました。

こういう服、家具があったらいいなと思うものを自分で作ってお家に置いたり、人形に着させてして楽しんでいました。

今では、こんなシルバニアファミリーの着せ替えブックは発売されています。

当時の私だったら、ものすごくほしかったです。

だんだんシルバニアファミリーの人形に洋服を着せていると、こういうデザインの服を着せたいというこだわりがでてくるかと思います。

書籍が出ているので、ぜひ参考にしてください。

幼少期にシルバニアファミリーで遊んでいた私が、これからシルバニアファミリーを始めたい方に向けておすすめの遊び方のステップ方法をご紹介します。




初めての方には家具、人形付きのお家「はじめてのシルバニアファミリー」がおすすめ


シルバニアファミリー SFハウス DH-06 はじめてのシルバニアファミリー

シルバニアファミリーを初めて遊ぶ方向けに、はじめてのシルバニアファミリーという商品を出しています。

見た目は赤い屋根の小さめのおうちです。ショコラウサギちゃんと家具一式がついています。

これで一人暮らし用の家具一式は揃っているので、十分堪能できると思います。

もっと遊びたい方に!「赤い屋根の大きなお家」がおすすめ


【オンライン限定価格】シルバニアファミリー 赤い屋根の大きなお家

お家をさらにカスタマイズしたい、広いお家で遊びたい方にぴったりです。

お家を180度に開いたり、閉じたりして遊ぶことができます。

遊んでいるときはお家を開いて、遊び終わったら、お家を閉じたりできます。

お家の中に明かりがついているので、お家が閉じているときは、とてもきれいに見えます。

「はじめてのシルバニアファミリー」のお家と組み合わせると、さらに大きなお家にすることができます。

また、煙突がついているお部屋を切り離すことができますので、お部屋の形をアレンジすることができます。

大人がハマるシルバニアファミリー!

大人の間でもシルバニアファミリーが流行ってきています。

こどものときに親にシルバニアファミリーをなかなか買ってもらえなかったけど、大人になったら、好きなように買うことができますよね。

そういった自由さもあり、インスタグラム、SNSでシルバニアファミリーを撮影してシェアしている人も沢山います。

日常の出来事をシルバニアファミリーで表現されている写真が投稿されています。

いくつか見かけ、とても面白かったです。

大人ならではの楽しみ方ですね。

幅広い年齢層に愛されていることが分かります。




最後に

シルバニアファミリー展についてご紹介しました。

横浜にお出かけする方は一度シルバニアファミリー展に足を運んでみてください。

さらにシルバニアファミリーに魅力を感じることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク