ハプスブルク展2019の前売りチケット情報、グッズ|国立西洋美術館

ハプスブルク展 国立西洋美術館 (20)

ハプスブルク展2019に実際に行ってきました。西洋美術館で行われます。チケット、混雑状況、グッズ情報をご紹介します。

「ハプスブルク家」知っていますか?

世界史、テレビで一度は聞いたことがあるワードだと思います。

ハプスブルク家といえば「政略結婚」というイメージが強いですよね。

ハプスブルク家は政略結婚によって領土を拡大していった一族ではありますが、それだけではなく芸術を擁護し、当時の時代の芸術発展に貢献しています。

ハプスブルク展が上野の国立西洋美術館で開催されます。

ハプスブルク展では一族が所蔵していた多くのコレクションを見ることができます。

肖像画や外国の文化、時勢を受けた芸術作品を楽しむことができます。

ハプスブルク展に行くにあたり、知っておきたい情報、知るともっと楽しめる情報をご紹介します。

ハプスブルク展2019の基本情報、国立西洋美術館アクセス

ハプスブルク展 国立西洋美術館 (1)

ハプスブルク展の基本情報についてご紹介します。

展示名 日本・オーストリア友好150周年記念

ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

開催期間 2019年10月19日(土)〜2020年1月26日(日)
開催時間 9:30〜17:30(入館は閉館の30分まで)

(金・土は20:00まで。11月30日は17:30まで)

休館日 毎週月曜日

(11月4日、1月13日、11月5日、12月28日〜1月1日、1月14日)

チケット販売所 国立西洋美術館1F

チケットぴあ

TBSオンラインチケット

ローソンチケット

イープラス

CNプレイガイド

チケット料金は以下となっております。

※中学生以下は無料です。

身体障碍者の方と付添いの方1名は無料です。

(入館時に障害手帳を提示する必要があります。)

区分 当日券 前売券
一般 1700円 1400円
大学生 1100円 1000円
高校生 700円 600円

国立西洋美術館のアクセス(電車、駐車場情報)

国立西洋美術館のアクセス方法についてご紹介します。

電車の場合はいくつか最寄りの駅がございます。

・JR上野駅 公園口出口より徒歩1分

・京成線 形成上野駅より徒歩7分

・東京メトロ上野駅より徒歩8分

国立西洋美術館には専用の駐車場がありませんので、近くの駐車場を利用する必要があります。

一番近くお手頃な駐車場は公共上野パーキングセンターです。

駐車場名 公共上野パーキングセンター
収容台数 400台
料金 30分 300円平日 終日 2000円

土日祝 終日 3000円

ハプスブルク展2019 600年にわたる帝国コレクションの歴史とは?

ハプスブルク家の有名な肖像画を紹介しつつ、一族の栄枯盛衰の歴史を時代ごとにたどっていく展示の構成です。

ハプスブルク展には大きく5つの章に分かれており、1章から順番に見ていきます。

ハプスブルク展に行く前に知っておきたいハプスブルク家の主要な人々や時代背景について詳しく知りたい方はご覧ください。

1章 ハプスブルク家のコレクションの始まり

ハプスブルク家の政略結婚の礎を築いたマクシミリアン1世の肖像画から始まります。

マクシミリアン1世の騎士道に関するコレクションやフェルディナンド2世の異国の珍しい品のコレクションも見ることができます。

2章 ルドルフ2世プラハの宮廷

ルドルフ2世といえば、政治より芸術を愛した君主で有名です。

プラハの城内に芸術部屋を作り、色んな芸術家を呼んで制作させたことで知られています。

当時の絵画、彫刻、タペストリー、科学品など幅広い分野の芸術品を見ることができます。

3章 コレクションの黄金世代

ハプスブルク家一族にはスペイン系、オーストリア系があり、肖像画を通してお見合いしたり、近況報告をしていました。

その当時の肖像画を沢山見ることができます。

また、フェリペ4世のお抱え宮廷画家のベラスケスの作品が沢山見ることができます。

ハプスブルク展のチケットに掲載されている写真の肖像画も見ることができます。

4章 18世紀におけるハプスブルク家と帝宝ギャラリー

マリア・テレジアに関連するコレクション、有名なマリア・テレジアの娘であるマリーアントワネットに関連する肖像画も見ることができます。

アクセサリー、ティーパーティーで使用する器具のような可愛らしい芸術品を見ることことができます。

5章 本展のエピローグ

ハプスブルク家の最後の皇帝ヨーゼフ2世夫婦の肖像画、関連の美術品を見ることができます。

ハプスブルク展の閲覧上の注意とポイント

ハプスブルク展の閲覧するときに注意したいポイントがございます。

音声ガイドは有料ですが、回る順番は第1章から順に回っていきますが、各章のブースにある展示品を回る順番までは決まっていませんので、人混みが少ないところから回っていくとよいでしょう。

音声ガイドは有料!

舞台でマリーアントワネットやエリザベートを演じている女優の花總まりさんと声優の梅原裕一郎さんが音声ガイドのナレーションをしています。

展示されている絵画の雰囲気にあった音楽を聴くこともできますので、展示品を見ながら、ナレーションと音楽をお楽しみいただけます。

ハプスブルク展2019は写真撮影不可

ハプスブルク展は入り口付近以外は写真撮影ができません。

係員さんに注意されるので気を付けましょう。

ハプスブルク展2019当日券チケット購入方法

ハプスブルク展 国立西洋美術館 チケット

3つの方法でハプスブルク展のチケットを購入することができます。

チケットを購入するとき、日付指定で購入しているわけではないので、購入してしまえば開催期間中であれば、いつでも入場できます。

TBSオンラインチケットは当日はあまり並びたくない、事前に購入したい方にはぴったりです。

当日現地で購入したい方は国立西洋美術館1Fのチケット販売所で購入してください。

係員さんによると、チケット販売所に土日の混雑時で30分ほど並んでいたそうです。

上の画像は当日、国立西洋美術館1Fのチケット販売所に並んでいる様子です。

チケットを購入してしまえば、入るときにそんなに混雑していないので、並ぶのはチケット購入時ぐらいだと思います。

チケットサイトで購入

5つのチケットサイトで購入することができますが、おすすめはTBSオンラインチケットサイトで購入することです。

それぞれのチケットサイトで購入するときの注意事項、ポイントをご紹介します。

TBSオンラインチケットサイトで購入

手数料無料です。

購入後、チケットをスマホ画面表示にするか、自宅で印刷する方法が選べます。

チケットぴあで購入

チケット代とは別に手数料、配送料が別途かかります。

CNプレイガイド

チケットとは別に手数料、システム利用料がかかります。

ローチケ

ローソンの店頭で支払います。手数料は無料です。

イープラス

チケット代とは別に手数料がかかります。

国立西洋美術館にあるチケット販売所で購入

当日国立西洋美術館の入り口にあるチケット販売所で並んで購入します。

ハプスブルク展2019チケット割引特典について

ハプスブルク展にはチケット割引特典がございます。

上野の周辺美術館で開催されております、以下の展示会のチケットの半券、電子を提示するとチケット当日券が100円引きになります。

対象展示会:

特別展 ミイラ

2019年11月2日〜2020年2月24日 国立科学博物館で開催

特別展ミイラ展について詳しく知りたい方はご覧ください。

ゴッホ展

2019年10月11日〜2020年1月13日 上野の森美術館で開催

ゴッホ展について知りたい方はご覧ください。

建国300年ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 

2019年10月12日〜12月23日 Bunkamura ザ・ミュージアムで開催

ハプスブルク展2019グッズ紹介

ハプスブルク展 国立西洋美術館 グッズ

ハプスブルク展のグッズについてご紹介します。

国立西洋美術館に入って、入り口付近にグッズショップがあります。

一番人気はポストカードです。

ハプスブルク展 国立西洋美術館 グッズポストカードを額縁に飾るといつでもハプスブルク展を振り返ることができますね。

額縁はハプスブルク展のグッズショップで販売されています。

ハプスブルク展 国立西洋美術館 グッズ

お菓子缶も販売されています。おしゃれですね。

ハプスブルク展 国立西洋美術館 グッズ

アウガルテンの食器は職人の手で1つずつ丁寧に制作されています。

ハプスブルク家の繁栄の中で誕生したアウガルテンです。

見た目が繊細で細かいタッチの絵に美しいフォルムが特徴的です。

ハプスブルク皇室の楯の紋章が入っています。

食器に描かれているウィンナーローズはウィーンの伝統的なローズをモチーフにしています。

お祝いのギフトにいかがでしょうか。

実際にハプスブルク展でも販売されていますが、楽天でも販売されています。


ハプスブルク展2019 図録おすすめ

ハプスブルク展は撮影不可なので、後で振り返りたいと思っていも振り返ることができません。

後で作品を振り返りたい方に図録がおすすめです。

上の画像は図解の表紙の表、裏面です。表紙がおしゃれですね。

インテリアとして飾っておくのもいいかもしれませんね。

ハプスブルク展2019の感想

ハプスブルク展 国立西洋美術館 (20)

ハプスブルク展の展示はハプスブルク家の主要人物にまつわる芸術品、ハプスブルク家の宮廷画家、芸術家の作品が展示されています。

特に印象的だったのはハプスブルク家一族の肖像画が多かったことです。

当時写真がなかったため、写真代わりとして肖像画をお抱えの宮廷画家に描かせていたそうです。

お見合い写真代わりとして肖像画は描かれており、マルガリータ・テレサの肖像画が有名です。

最後に

ハプスブルク展についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。

ハプスブルク家がコレクションしている珍しい芸術品、ハプスブルク家に関連する時代ごとの芸術品も見ることができます。

ウィーン美術史美術館の展示を見ることができる貴重な機会なので、訪れてみてください。